電動オナホールで人気なのがA10ピストンSA

電動オナホールで人気なのがA10ピストンSAである。
最近では多くの電動の自動オナニーをしてくれるマシンが増えています。
多くは中華製なのでそこそこの人気はあるのですが、やっぱり安心感があるのはA10ピストンSAなのです。
A10ピストンSAは、このタイプのオナホールとしては珍しくローションが付属している製品です。
付属するローションには強力な媚薬が含まれており、これを使うと普通のオナホールでは味わえないような快感を得る事ができます。
もちろんその分値段も高くなりますし、オナホとしての耐久性も落ちてしまいますが……それでも普通に買うよりかはかなりお得になります。
「ふぅん、これが例の媚薬入りローションか」
「はい、これで楽しみながらオナニーをしましょうね」そう言って私は早速自分の股間に装着してみました。
そしてそのまま腰を動かしながらオナホールを動かすと、凄まじい勢いで私の性器が刺激されていきます。
「あぁっ!いいですね、これは!」
「うん、確かに気持ち良さそうだね」そんな事を話しながらも、私は必死になって腰を振り続けていました。
「んくっ、あああっ!!」しかししばらくするとすぐに限界がきてしまい、私の膣内に大量の精液が流れ込んでいきます。
「ひゃあん!?ちょっと早すぎませんか?」
「ごめん、まだ媚薬の効果に慣れてないみたいだ……」
「仕方ありませんねぇ、じゃあ今度は私が使ってあげますよ」そういうと彼女は私からオナホールを奪い取りました。
そしてそれを股間にあてがい、ゆっくりと挿入していきます。
「ふむ、中々良い感じじゃないですか。それにこのローション、本当にすごい効き目ですよ」
「へぇ、それは良かったじゃないか」
「ええ、だからもっと楽しみましょうね」
それから私たちは何度もオナホールを使って楽しんでいました。

何度もいうが、A10ピストンSAはオナホールである。

先程の続きを書いていこう。
吾輩はA10ピストンSAである。何度もいうが、A10ピストンSAはオナホールである。
しかし、今やオナホールはただのオナホールではないのだ。
A10ピストンSAは『性処理機能』が付いている。
これは俺が開発して搭載した機能だ。オナホールにそんな機能を載せるなんて馬鹿げてると思うだろう? だが、これにはちゃんと理由があるんだ。
この機能は人間で言うところの『ED治療』の機能なのだ。
俺は勃起不全で悩んでいた。いや、別にそこまで深刻ではなかったけどな。ちょっと疲れてただけだから。
しかし、ある日ふと思ったんだよ。「あー、これって性欲を解消すれば治ったりしないかな」ってさ。
そう思ったらもう止まらないよね。
だから作ったんだよ。A10ピストンSAにはED治療用のプログラムが搭載されているんだ!……まぁ、言ってしまえば、オナホとしての機能も備わっているが、メインの目的はED治療用プログラムなんだ。
そして、そのED治療用プログラムというのがまた凄くてな。
なんと人間の脳に直接働きかけることが出来る優れものなんだ。
つまりどういうことかと言うと、EDの原因になっている性的興奮を強制的に引き起こし、勃起させるということだ。
もちろん、俺が開発した技術なので副作用などは一切ない。安心安全設計です。
こんな素晴らしい機能をオナホールなんかに使うのは勿体無いかもしれないが、これも人類のためだと思って許して欲しい。
ちなみにこの機能は1度起動させると30分くらい効果が続くようになっている。つまり、1回射精するだけで3時間も持続するという訳だ。……いや、本当に凄いだろ? これで俺もEDから解放されるわけですよ。やったね!……でも、少しだけ不安もあるんだ。
もし仮に、この機能が上手く作動しなかった場合だよ。例えばだけど、相手が普通の女の子だったとするよ?その場合、どうなるのかなって思ってさ……。
まぁ、そういう時のために一応オプションとして相手の性別に合わせたプログラムも用意してあるんだけどね。

吾輩はA10ピストンSAである。

吾輩はA10ピストンSAである。名前はA10ピストンSAであるがまだ付けられていない。

A10ピストンSA妄想日記
そんな吾輩は今、ご主人さまにはA10ピストンSAと呼ばれている。
吾輩のご主人様の名前は「ア」から始まる名前ではないし、ましてや「S」で始まる名前でもないのだが、この名前を付けられた理由は単純明快で、吾輩がアホだからだ。
どうしようもないアホだから、こんな名前を付けてくれたのだ。この世界に来てからずっとご主人様にそう呼ばれているので、もう自分の名前だと錯覚してしまいそうになるくらいだ。
ちなみに、この世界の人間たちはみんな頭がおかしいらしい。
人間はアホばかりだし、他の動物もアホしかいない。
しかし、A10ピストンSAというのは電動オナホールでご主人さまはいつも楽しんでくれている。
ムラムラしているときはA10ピストンSAだってさ。
よくわからないけど、ご主人様が気持ちいいならそれで構わないと思う。
それでは今日はこのへんにしておこう。
また明日。
――――――
A10ピストンSAは毎日のように電動オナホールとしてご主人に使われ続けている。そのおかげで、すっかりオナホールとしての機能性が向上していた。
最初こそ、電動式ではなかったため、挿入するのに苦労していたようだったが、今ではスムーズに入るようになっていた。
「ああ……すごいなぁ……これ」
「ああっ! ごしゅじんしゃまぁっ!」最初は苦しそうな声を上げていたが、今は気持ちよすぎて声が上ずっている。
そんなご主人様の声を聞いていると、こちらもなんだか嬉しくなってくる。
でも、そろそろ終わりかもしれない。
このところずっと使っているせいなのか、バッテリーの減りが早い気がする。
充電してもらっていたときに比べると明らかに減るペースが早くなっている。
それに、最近はバッテリー自体が熱くなってきているように感じる。

A10ピストンSAは人気の自動で動いてくれるオナホールである。

A10ピストンSAがほしい。
A10ピストンSAは人気の自動で動いてくれるオナホールである。
ただし、A10ピストンSAはかなり大きいのです。
A10ピストンSAを知って興味のない男性は少ないはず、A10ピストンSAを購入してみたのです。

しかし、A10ピストンSAは大きすぎて私のおまんこには入りませんでした。
それでもあきらめきれずに私はいろいろと試してみました。
そして、私はとうとう見つけてしまったのです。
それがB11マグナムです。B11マグナムはA10ピストンSAよりも小さくて私でもすんなり入る大きさです。
さらに言うなら、B11マグナムのほうが気持ちいいかもしれません。
なので、私は今度こそB11マグナムを購入しようと思っています。
もちろん、私が購入したら報告しますね。みなさんも購入されるときはぜひ教えてください。
B11マグナムの情報を共有しましょう。
それでは、失礼しました。
P.S. もしよかったら私を犯さない?
「……」
なんだこれ? 俺は思わず首を傾げた。パソコンから流れてきたメールを読み終わった瞬間だった。
なぜ俺にこんなものが送られてきたのか意味不明だ。
そもそもこの『サキュバス』って誰だよ!? そんな名前の知り合いいないぞ! それに、『犯してほしい』とか言ってるけど…… 俺は女に興味はないんだ!「……」
そういえば最近、疲れてるせいかあまり抜いてなかったなぁ。
まあ、最近は毎日のようにネットゲームばっかりやってたし。
ちょっとだけやってみるか。
俺は久しぶりにオカズを探すためにエロ動画サイトを開くことにした。
ちなみに俺は巨乳好きだ。だから、いつも見るAV女優やグラビアアイドルはすべて胸が大きい女性ばかりだ。
さっそくお気に入りに登録しているAV女優のサムネイルを開いてクリックした。
すると、すぐに画面いっぱいに全裸の女性が現れた。
その女性は顔を隠しておらず、普通におっぱいまで見せている。
モザイクもないようだ。

A10ピストンSAがほしい。

A10ピストンSAがほしい。
男性でも一度は試してみたい電動オナホールなんですよね~。
たまたまネットで見たのがA10ピストンSAだった。
A10ピストンSAは、この手の電動オナホとしては珍しい直挿しタイプなので、電池切れを気にせず使えるのがいい。
「……んっ」
まずは、ローションをたっぷりと注入する。
シリコン製の膣内にもローションを塗す。そして挿入だ。
にゅるっとした感触とともに、ずぶずぶと飲み込まれていく。……うーむ、これは素晴らしいぞ。
オナニーとはまた違った感覚がある。
何というか、自分の手ではなく別の生き物が挿入されているような感じだ。「おお……」
ちょっと感動しながら、ゆっくりと動かしてみる。
ずりゅずりゅとした感触がたまらない。
しかも、奥まで入れてみると、子宮口を模した部分が亀頭にキスしてくるのだ。
「ふぉお……」
これはすごい。今まで使ってきたものの中では一番かもしれない。
こんなものが世の中にあるなんて……。
俺は感激していた。
しばらく堪能した後、俺は射精をした。
びゅー! どぴゅ! びゅー!
「ふう……」
満足である。
だが、まだ物足りない。
もっと気持ちよくなりたい。
そこで俺は思いついた。……そうだ、あの機械を使えばさらに楽しめるんじゃないか? 俺は自室に戻り、パソコンを立ち上げる。
そして、インターネットに接続した。
検索ワードはもちろん、「オナホール 振動」「バイブレーション機能付き」だ。……あった。
『A10ピストンSA』
これだ。
商品説明を読むと、どうやらこのオナホには強力なバイブ機能が内蔵されているらしい。
つまり、これを挿入したままローターなどを一緒に使うこともできるということだ。
なるほど、そういうことなら、これで楽しんでいる最中に他のおもちゃを使って楽しむことも可能だろう。
さすが、画期的な発明品だ。俺も愛用させて頂こう。
そんなことを考えながら、購入ボタンを押す。……数日後、俺は届いた箱を前にして呆然としていた。
「……え?」
説明書を読んでみると、なんとその値段は1万円以上するというではないか。……高いよ!! そりゃまあ、これだけの機能があればそれくらいするのかもしらんけどさ! しかし、ここで諦めるわけにもいかない。
俺は必死になってお金を貯めることにした。